江戸崎 祭り 江戸崎祇園祭
1.八坂神社の起源/
江戸崎祇園祭の起源
2.現在の江戸崎祇園祭
3.江戸崎祇園祭の開催日/
神輿・宵祇園・本祇園
4.江戸崎の山車について/
5.まつりが始まるまで〜その準備

江戸崎各町内の山車
戸張町
荒宿町
根宿町
田宿町
大宿町
西町
浜町
本宿町
由緒正しき舞と迫力の山車 江戸崎祇園祭

平成28年度 江戸崎祇園祭
開催日 7月22日(金)・23日(土)・24日(日)
当番町(御神輿):西町、受当:浜町(獅子舞)


御神輿の巡行
日時:22日(金)、24日(日)
22日19時40分頃、中央十字路に入ります。
24日19時00分頃、中央十字路に入ります。


各団体による「稲敷たから音頭・あんば」の踊り
日時:
22日(金)【荒宿十字路→江戸崎中坂下(JR前)】
22日19時00分〜19時50分頃


山車の巡行
日時:22日(金)、23日(土)、24日(日)
山車の競演・踊りの競演・叩きわかれ以外の時間は、12時頃から21時半頃まで、
山車が町中を練り歩いています。
【22日】浜町
【23日】浜町・本宿町・切通町・戸張町・荒宿町・根宿町・田宿町・大宿町
【24日】本宿町・戸張町・荒宿町・根宿町・田宿町・大宿町


山車の競演「えどさき劇場」  場所:中央十字路
【23日】
【17時15分〜19時15分】各町内による踊り・分廻しの披露(6町内)
戸張町(17時15分〜)→浜町(17時30分〜)→田宿町(17時45分〜)→
荒宿町(18時15分〜)→大宿町(18時45分〜)→根宿町(19時00分〜)
【19時22分〜】 通し砂切(戸張町→浜町→本宿町→大宿町→荒宿町→根宿町)
【19時30分〜】 総踊り【あんば】/演奏:戸張町芸座連
【19時45分頃〜20時45分頃】 分廻しの披露・叩きわかれ/中央十字路
(分廻しの順番:浜町→本宿町→切通町→戸張町→荒宿町→根宿町→田宿町→大宿町)

【24日】
【17時10分〜18時30分】各町内による踊り・分廻しの披露(2町内)
戸張町(17時10分〜)→荒宿町(17時50分〜)→獅子及び御神輿(18時30分頃〜)
【19時45分頃〜20時40分頃】 分廻しの披露・通し砂切・叩きわかれ/中央十字路
(分廻しの順番):本宿町→戸張町→荒宿町→根宿町→田宿町→大宿町
(通し砂切の順番):本宿町→大宿町→荒宿町→根宿町→田宿町→戸張町


※両日、分廻しの一番町は、「砂切」演奏後、「馬鹿囃子」で入場します。
※両日、叩きわかれ終了後、5〜7町内による同時分廻しを予定しています。
※運行上、変更となる場合がございます。
トイレのご案内:「えどさき笑遊館」「本町会館前駐車場仮設トイレ」をご利用ください。

祇園祭のチラシはこちらからご覧いただけます。
2016年祇園祭チラシ(表面)【pdfファイル】

江戸崎祇園祭は、約四百数十年あまり続く伝統行事です。その歴史と伝統の祭りを詳しくご紹介致します。

1.江戸崎祇園祭の起源
〜八坂神社の起源と江戸崎祇園祭の始まり〜

江戸崎祇園祭の始まりとその起源についてを探ります。
続きを見る>>
2.現在の江戸崎祇園祭
〜江戸崎祇園祭と、それにかかわる神事〜

江戸崎祇園祭の移り変わりと現在の江戸崎祇園祭について。
続きを見る>>
3.江戸崎祇園祭の開催日
〜神輿・宵祇園・本祇園〜

3日間行われる江戸崎祇園祭の内容と詳細について。
続きを見る>>
4.江戸崎祇園祭の山車について
〜その特徴と構造〜

江戸崎の祇園祭の魅力の一つとも言える「山車」
その特徴を解説します。
続きを見る>>

江戸崎まちなかの人々は皆祭り好き。
祭りが始まるまで、どのような流れで準備がすすめられているのかご紹介いたします。
まつりの始まり〜祇園祭の準備とそれにかかわる人々>>

江戸崎祇園祭の歴史をアルバム形式でご覧頂けます。
大正〜昭和期の貴重な画像を集めました。
セピア色の写真館〜「祭り・イベント編」>>