江戸崎の歴史〜江戸崎形成期

 まちなかガイド 江戸崎まちなか遺産 えどさき街並みの歴史 江戸崎形成期
えどさき街並みの歴史

霞ヶ浦の入江の河岸の町として栄えた江戸崎まちなか地区。

平成17年の合併により「江戸崎」の名は消えてしまいました
が、稲敷市という広い地域との位置づけにより活性化が進めら
れています。
今日ある江戸崎の街並みの姿は、ほぼ3期に区分される時代に
沿ってさかのぼることができます。
 1つは、水運から陸運への転換、郊外の発達などによりまち
なかの機能が拡散し、そこで都市の特性の価値転換が図られ、
まちづくりの視点から「再興」の兆しが見られるようになった時代です。<拡散・再興期>

これをさかのぼると、まちなかに「賑わい」が生まれ、文化の花が開いた、江戸時代から明治時代にかけ
ての
<発展期>の時代があります。
さらにこの地に城下として「まち」が誕生し、街並みの骨格がつくられた
<形成期>の時代があります。
これらの背景は、水のネットワークによって始まった稲敷地域の中心としての都市の興隆、そして交通機
関等の変化に伴うまちの特性の変容で表すことができます。

江戸崎の歴史〜江戸崎形成期

「江戸崎」という地名の登場と背景
 「江戸崎」という地名は、文明3年(1471)の熊野大社文書の中に史料として最初に現れます。
中世の霞ヶ浦沿岸では、津(つ)=近世の河岸よりも漁業や軍事的機能の性格が強い港の集落が発達し、
古渡(ふっと)には霞ヶ浦南岸の重要な役割を担う津が置かれ、海夫(かいふ)という海民が活躍して
いました。
 吉野、伊勢から海路渡ってきた北畠親房に高田神社(熊野大社を分霊して創建)の神官が加勢したり、
近江に本拠を置く佐々木氏が建武の新政(1336年)の論功行賞で足利尊氏から高田郷を与えられたり、
このころの史実の背景には、霞ヶ浦だけでなく、地域を越えて水のネットワークでつながる海夫の存在
があったと見られます。
「江戸崎」という地名の由来について
 諸説ありますが、例えば「江戸」(現在の東京)の地名の由来は、「江」は川あるいは入江とすると、
「戸」は入口を意味することから「江の入り口」に由来したと考える説が有力とのこと。同じ様な地形
を有する江戸崎もこれに例えられて呼ばれたという説。しかし、「江戸崎」と「江戸」とは、霞ヶ浦〜
利根川の水運を通じてつながっていたものの、名称の由来における関係の確証はありません。
 そしてもう一説は、霞ケ浦からの江戸崎への入り口には、昔「榎が浦」という地名の浦があり、そこ
へ突き出ている「崎」、つまり「榎の崎(えのさき)」がなまって「江戸崎」となった説等があります。

江戸崎城の開城
CGによる江戸崎城の予想図
CGによる江戸崎城の予想図
嘉慶1年(1387)、美濃(岐阜県)出身の武士、土岐原氏【※1】が、室町
幕府の関東管領上杉氏の求めにより、江戸崎の地に入り、江戸崎城を築きま
した。土岐原氏は、稲敷地方一帯を約200年間にわたり統治し、江戸崎まち
なか地区の原型を作った人物です。
 土岐原氏が、海夫の力を利用し、霞ヶ浦における海賊取締りの任務を任されていたことは、行方市の鳥名木文書によって明らかとなっています。
これらのことなどから、琵琶湖〜吉野〜熊野灘、美濃〜長良川〜伊勢湾とい
った水のネットワークの存在が浮かび上がり、それは、江戸崎の最も華やか
な近世の時代にもつながっていきます。江戸崎城の謎に迫る)

江戸崎まちなかの形成期
 土岐原氏の江戸崎城は、豊臣秀吉の全国統一の波に乗った常陸の戦国大名佐竹氏と浅野氏の軍勢によ
り天正18年(1590)に落城し、替わって佐竹氏の生まれの芦名盛重【※2】が入ります。
 芦名盛重が江戸崎にいたわずか10数年の間、江戸崎城を中心として本町、大町、新宿、田宿などの町
割がつくられ、同郷で会津の僧である随風(天海・慈眼大師)【※3】を招いて不動院詳細ページ)
住職にするなど、その功績は大きいものとなっています。
 寺院は城とともに市街地の重要な拠点となりますが、随風(天海)は、その契機を開き、後に徳川家
康に用いられ、後に江戸に寛永寺、日光に東照宮を創建することになります。

土岐原氏【※1】
土岐原氏は、美濃(岐阜県)出身の土岐氏の一族である。
嘉慶1年(1387)に江戸崎へ来てから信太庄惣政所を掌握し、それを手がかりとして勢力を伸ばし、江戸崎城を本拠に、竜ヶ崎城(龍ケ崎市)、木原城(美浦村)を築き、約200年間7代にわたり県南に威を振るった。菩提寺は管天寺、家紋は、江戸崎祇園祭に用いられる桔梗紋である。
芦名盛重【※2】
天正3年(1575)、佐竹義重と伊達晴宗の娘の間に生まれる。
天正15年(1587)、芦名盛隆の娘と結婚して芦名義広と名乗る。
天正17年(1589)、伊達政宗との戦いで大敗し、常陸に逃れた。
その後、豊臣秀吉から常陸江戸崎藩に4万5千石を与えられる。
盛重と名乗ったのはこの時期であると言われている。関ヶ原の戦い
で兄の佐竹義宣が西軍に与したために所領を没収され、慶長7年
(1602)、義重・義宣とともに秋田領に入り、名を義勝と改め、
角館に1万6千石を与えられ、小京都と呼ばれる今日の城下町の
基礎となる町割りを行った。(ウィキペディアより編集)
随風(天海)にまつわる伝説【※3】
小説や漫画に登場することの多い随風(天海)は、徳川家康のブ
レーンとして江戸幕府の政策に深く関与し、家康の神号を金地院崇
伝と争い、「東照大権現」を決めた人物である。蘆名氏の出自とさ
れるが謎も多く、足利将軍家の遺児や明智光秀であるという説もあ
る。川越の喜多院にいたころ、不動院の住職を兼任していた。江戸
崎には随風(天海)にまつわり、小野川高田沖で雨乞いの加持祈祷
をして天女を呼ぶ奇跡を起こしたという伝説や、芦名氏の国替えの
際に勢力を伸ばそうとした他寺院から襲われて隠れたという沼田吉
祥院の井戸の伝説などが残っている。
江戸崎祇園祭で飾られる桔梗紋の提灯(土岐葵)
江戸崎祇園祭で飾られる桔梗紋の提灯(土岐葵)


慈眼大師(天海)画像 不動院蔵
(江戸崎町町村合併50周年記念誌より