江戸崎まちなかガイド〜えどさき街並み遺産
えどさき笑遊館 
TEL:029-892-2117
茨城県稲敷市江戸崎2711

江戸崎商店街と街並み

18世紀半ば以降に、霞ケ浦沿岸の水運と周辺の小麦と大豆を原料に、ここ江戸崎の地に醤油醸造業【※】が栄えました。それに伴い、近江商人による起業や、関連する問屋、小売業の進出とともに発展し、明治時代には郵便局や郡役所、警察署、税務署、国・県の出先機関や各種銀行等が次々と開設され、郡の中心地区としての街並みが形成されました。(※笑遊館は「醤油の産地としての江戸崎」をしのんで、笑遊館(しょうゆうかん)と名付けられています。)現在でも江戸崎まちなか地区には、様々な街並資源が分布しており、特に白漆喰の土蔵造りといった、はっきりと外観でわかる建物もあります。それらの建造物を「えどさき街並遺産」としてご紹介致します。
明治時代のまちなかの様子。3枚目の画像は木製の大正橋。(※画像をクリックすると拡大します。)


左上の「+」ボタンで拡大することができます。

 ◆当時の佇まいを残す建造物群 (※画像をクリックすると拡大します。)
1.いわしや薬局
2.山口商店
3.酒のいとう
4.田上邸
6.笑遊館・蔵(山口邸)
7.山崎歯科医院