江戸崎城の謎に迫る〜その2〜

 まちなかガイド 江戸崎まちなか遺産 えどさき街並みの歴史 江戸崎城の謎に迫る〜その2
江戸崎城の謎に迫る〜その2〜

江戸崎城趾
現在の江戸崎城趾 現在の江戸崎城趾は、土塁や空堀の一部が残存し、通称「城山」と
呼ばれています。
明治時代には「古城公園」とよばれ、「見晴し台」のある小山、東屋
も存在しました。
現在では見晴らし台のあったとされる小山(桜山)が削られ、江戸崎
小学校の校庭になっています。また、江戸崎まちなか地区にもその時
代を偲ばせる通りの造りが名残として確認する事ができます。
現在も残る江戸崎城の名残
城山
見晴し台跡
左は現在の本城跡。江戸崎小学校の裏手に位置する「城山」。右は「桜山」と呼ばれた見晴し台のあった場所。
昭和初期に山が削られて、江戸崎小学校の運動場が作られた。
鹿島神社
鹿島神社境内
左図は「古城図」に表されている、本城と二の丸付近。ほぼ現在の鹿島神社境内に位置する。
黒く太線で表されているのが「土塁」。
鹿島神社境内
土塁の跡に祀られる三峰様
土塁の跡に祀られる三峰様。
二の丸と推測される鹿島神社境内には、現在も土塁の跡が見られる。
切通町のクランク
左図は「古城図」に表されている三の丸付近。現在の西町。西からの外敵を防御する要となっていた場所である。
城内にはいるとクランク状態に道が曲がっている。切通町、大念寺前。敵を迎え撃つのに適したつくりになっている。
現在の大宿町〜荒宿町〜根宿町〜本宿町〜浜町付近
「本城」の東側に表されている「町屋」。上に「丁」と記されているのは「町」という意味である。
現在の大宿町〜荒宿町〜根宿町〜本宿町〜浜町付近。
侍屋敷付近
「古城図」に表されている侍屋敷付近。土岐氏の重臣が住んでいた場所である。現在の戸張町から坂本医院の前を通り、
不動院と続く道である。(下に記されているのは、不動院の山)江戸崎城を防御する最大の要とされていた場所である。
戸張町の中央十字路付近
「古城図」に表されている戸張町の中央十字路付近。北方向から本城への敵の侵入を左右に分散させるために「T字路」
だった。後に十字路になったために、道が若干互い違いになっている。

江戸崎城推定図
江戸崎城推定図
河岸跡
 河岸とは、港のことであり、エンマ(江間)と呼ばれる引き込み水路があり、そこに船をつけ、荷の上げ下ろしをした場所
である。江戸時代には商品の売買、集出荷を行う回漕問屋の店、蔵が集まり、そこに街をつくった。
 江戸崎には、回漕問屋が用いた河岸と、寺院専用の河岸があった。現在では様相が変わり、かつての河岸だった水辺はなく
なってしまったが、わずかなに残る跡から当時の様子を伺い知ることもできる。

※上図に表記されている河岸跡は、下から順に「幸田河岸」「浜河岸(石野河岸・鍋屋河岸)」「華蔵院河岸」「不動院河岸」
「顕声寺河岸」「管天寺河岸」となる。
なお、「不動院河岸」「顕声寺河岸」「管天寺河岸」は、図からも分かるように、各々の寺からまっすぐに伸びる道の先にあっ
たと考えられる。