えどさき笑遊館 トップページ

 まちなかガイド 江戸崎まちなか遺産  伊藤家

伊藤家

・明治期、「上菱」を近郷に売り歩いたのがはじまり。屋号は「桑田屋」。
・店舗裏の木造2階の建物は昭和27年築。昭和53年頃、沿道の現在の店を建てた際、
 現在地に引き屋したもの。1階は倉庫、2階は住まいとして使用している。
・地元の木材を使い、梁も厚い。壁の厚みもあり、西日が当たっても室内が暑くならない。
・店舗内に分銅式の古い量りがある。かつてはこれで醤油や味噌も量り売りした。
 昭和30年代までは近郷の農家から委託を受け、ナタネ、ゴマの油も絞って売ったという。
 
地元の木材を使った厚い梁
分銅式の古い量り